バイオ燃料が環境面で劣っていること

バイオマス燃料、通称「バイオ燃料」は、植物を原料とする燃料です。
植物を原料とすることで、その植物が成長する過程において大気中のCO2を吸収するために、石油や天然ガスと比べてトータルでのCO2排出量が削減できるというものです。

さらに、石油に変わって利用されることで、石油への依存度が低下することでもCO2削減などが期待されています。

バイオエタノールなど、商業ベースに乗りつつあるバイオ燃料も多いのですが、まだまだ課題もあります。

まず、バイオ燃料を生産するためには広大な土地や労働力が必要となることです。
生産時に石油よりもCO2を多く排出したのでは、バイオ燃料を利用する意味が無くなってしまいます。

また、バイオ燃料の原料生産用地の整備によって、環境破壊されることが懸念されています。
森林を伐採してバイオ燃料生産に充てた場合に、森林によるCO2吸収量よりも、バイオ燃料切り替えによるCO2排出量減少量の方が少なかったということも起こりえます。

また、食用の植物と競合してしまうことも問題です。
バイオマス用の植物飼育の方が儲かるとなれば、食料の不足を招きかねません。

このように、バイオ燃料にはまだまだ課題が多く残されているのです。

Comments are closed.