バイオ燃料が環境面で優れていること

生物資源となるバイオマスのエネルギーを利用したアルコール燃料の事をバイオ燃料といいます。この燃料は、1970年代に起きた第二次オイルショック時に石油の原油価格が跳ね上がったのをきっかけに、「何か石油の代わりになるものはないか」と1980年から研究や開発が行われています。近年では燃料の低コストを考えながら実用化が進んでいます。バイオ燃料には、バイオマスエタノールがあります。これはトウモロコシやサトウキビなどの穀物を醗酵しろ過してエタノールを作り出したものです。そのほかにもBDFと呼ばれるバイオディーゼル燃料があります。バイオ燃料のメリットにはCO2削減につながることにメリットがあります。そもそもこの燃料はカーボンニュートラルの燃料です。カーボンニュートラルとは、二酸化炭素を排出しない燃料のことを言います。ガソリンは石油を燃料にしているので、二酸化炭素が排出され増加すると温暖化が進みます。環境にやさしいバイオ燃料は、温室効果ガスのの排出削減の手段として各国で導入を進めています。農業振興のメリットがあります。生産農家にとって農作物の需要は取引価格の上昇につながります。バイオ燃料は地球にもやさしく農業振興のメリットがあるのです。

Comments are closed.