バイオ燃料を使用するメリット

バイオ燃料とは、生物資源を原料として製造される燃料の事です。
主な現在の利用方法は、ガソリンへの混合利用を目的としたバイオエタノールと代替燃料としてバイオディーゼル燃料の2種類があり、化学原料や工業原料としても利用可能です。
燃料は主にトウモロコシやサトウキビ等の植物を原料としている為、再生が可能である事が最大のメリットです。
さらに通常は廃棄され、いずれ腐敗してメタンガスを発生する稲わらやもみ殻等の植物資源、下水処理場・家畜の糞尿を発酵させたメタンを活用する事でさらに効果は高まり、適正な管理を行えば、半永久的に枯渇する事なく利用出来ます。
また、燃料の燃焼によって生じる二酸化炭素は、原料の植物が生長する過程で光合成によって吸収した大気中の二酸化炭素であると考えられており、二酸化炭素などを含む地表の循環炭素量を増やす事がないとみなされる為、カーボンニュートラルと呼ばれます。
他にも石油やガス等のように、特定の国や地域に依存しない、他の再生可能エネルギーと比べて、チップ化、ガス化、液体化等によって備蓄を行う事が比較的簡単である、天候に左右されない等が挙げられます。
化石燃料を使用した火力発電とは異なり、比較的環境に優しい燃料である事と温室効果ガスの排出削減、エネルギー自給率向上等のメリットも期待されている、次世代の燃料です。

Comments are closed.