石油に代わる次世代燃料の使い方

石油にかわるエネルギーとして注目されているのが、バイオエタノールです。大きな利点は二酸化炭素の量を増やさないということです。次世代燃料は環境にも非常にやさしいものです。地球温暖化や公害をおさえる注目のエネルギーです。この燃料の使い方はガソリンと混ぜて使用するのが一般的です。配合の割合で実用化されている国と実用化されていない国があります。アメリカでは日本で実用化されていない配合比率のバイオエタノールがすでに使えるようになっています。発展途上国の開発が進んできているので、益々エネルギーの消費は大きくなってきます。車の需要も当然多くなって来るので、限りがあるといわれているガソリンにかわるものが急務です。バイオエタノール100パーセントのものも登場してきています。これであれば石油やガソリンが仮に少なくなってしまっても、代替えエネルギーとして使うことも可能です。ガソリンの代わりとして十分に働いてくれそうなバイオエタノールですが、植物からつくるという問題点もあります。食用にまわる原材料が自動車の燃料になってしまうと、農作物の価格にも大きな影響があります。車がバイオエタノールを利用できるかが今後の大きな分岐点になってきます。

Comments are closed.